TOP > ニュース一覧 > ニュース

【結果・まとめ】JR東日本カップ2023 第97回関東大学サッカーリーグ戦・3部第19節

2023/11/08


 『JR東日本カップ2023 第97回関東大学サッカーリーグ戦』3部リーグ第19節は10月28日(土)と10月29日(日)の2日間で行われた。


3部リーグ第19節 全結果・順位表





東京農業大学 3(1-0)0 平成国際大学 @東京農業大学世田谷キャンパスグラウンド


 混戦の中位グループから抜け出したい9位・東京農業大学と、その東農大を勝点差1で追う7位・平成国際大学の一戦。前半は両チーム果敢に攻めるも得点には繋がらず拮抗した展開に。しかし前半終了間際の45分、ロングボールを胸トラップで受けた東農大・牧野隼也が工藤佑月にパスを出すと、工藤がダイレクトでシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、東農大が先制点を挙げる。流れを変えたい平国大はハーフタイムに2人を交代して後半に臨むが、なかなか相手ゴールに迫ることができない。逆に76分、東農大は途中出場の堀井榛人が ドリブルで左サイドを駆け上がりパスを供給。これを受けた工藤がクロスを上げ、最後は藤井建悟が頭で合わせて追加点。2-0とリードを広げた。まずは1点を返したい平国大だったが、88分にはペナルティーエリア内でファールをおかし東農大にペナルティーキックを献上。東農大は藤井が落ち着いて決め、勝利を決定づける3点目。試合は3-0で終了。東農大は工藤の1ゴール1アシスト、藤井が2ゴールの活躍により快勝し、順位を2つあげて7位へと浮上した。一方、平国大はこの敗戦により順位を2つ落とし、8位・中央学院大学と同勝点で並ぶ9位となった。


慶應義塾大学 5(4-0)0 中央学院大学 @慶應義塾大学下田グラウンド


 自動昇格圏入りを果たすためにも絶対に負けられない3位・慶應義塾大学と、中位グループからの脱出を狙う6位・中央学院大学。試合は序盤から慶大が中院大を圧倒。まずは6分、熊澤維吹のロングボールに抜け出した塩貝健人が、飛び出したキーパーを冷静にかわして先制。さらに17分、右サイドで辻野悠河のロングボールを受けた塩貝亮太が自らドリブルでゴール前まで切り込みシュート。一度は相手のブロックに阻まれるも、こぼれ球を自ら落ち着いて決め追加点を獲得する。勢いの止まらない慶大は28分、相手のパスをカットした辻野がピッチ中央の塩貝健人にパス。ドリブルで駆け上がると最後は落ち着いてゴール右隅に流し込んで3点目。31分には熊澤も追加点を獲得し、前半だけで怒涛の4得点をマーク。前半を4-0で終えた。後半、中院大は相手ゴールに迫りつつも決定機は訪れず苦しい状況が続く。すると82分、中院大はペナルティーエリア内のファールにより慶大にペナルティーキックを献上。これを塩貝亮太が落ち着いて決め、試合を決めるトドメの一撃に。試合は5-0で終了。慶大は塩貝兄弟の4得点で2位・神大と勝点差を3とし、1部リーグ自動昇格圏入りに歩みを進めた。一方の中院大は勝てば中位グループから抜け出せる中での、痛恨の敗戦となった。


東京経済大学 1(0-4)7 専修大学 @東京経済大学武蔵村山キャンパスサッカーグラウンド


 1部リーグ昇格に望みをつなげたい5位・東京経済大学と、現在4位ながらも2位・城西大学とは勝点差7と、1部リーグ自動昇格に可能性を残す専修大学の対戦。序盤の均衡を破ったのは専大だった。コーナーキックのクリアボールを仲本隼翔がヘディングで折り返すと、藤井瑛斗もヘディングで繋ぎ、最後は松村厳がヘディングシュート。三連続のヘディングでゴールを繋ぎ、専大が先制点を挙げる。ここから専大の猛攻が始まった。29分、藤井の絶妙なパスに松永颯太が抜け出して左サイドから駆け上がると、ひとりかわしそのままゴール。さらに37分、藤井が放ったフリーキックはポストに弾かれるものの、こぼれ球を村上千歩がヘディングで押し込み3点目。直後の38分にも平川佳樹が追加点を獲得し、専大が前半だけで0-4と、東経大を大きく突き放して試合を折り返す。後半からの巻き返しを狙う東経大だったが、専大の勢いは止まらない。57分、直接フリーキックのチャンスから松村が頭で合わせたボールはポストに弾かれたが、仲本が頭で押し込み5点目。何とか1点を返したい東経大は、直後の58分に左サイドでボールを持った渡邉建太が自らゴールを狙う。一度はボールがルーズになるが、こぼれ球をゴール左隅に突き刺して、東経大がようやく1点を返す。だが時すでに遅し。東経大は70分、そして後半アディショナルタイムの90+3分にも専大に追加点を許し1-7で試合終了。大量得点で勝利した専大は2部リーグ自動昇格圏入りに望みをつなげた。一方の東経大はこの敗戦で2部自動昇格の可能性が消滅した。


國學院大學 1(1-0)0 東京学芸大学 @國學院大學たまプラーザキャンパスグラウンド


 最下位・共栄大学と同勝点ながら得失点差により11位につける東京学芸大学と、都県リーグとの参入プレーオフ出場圏から抜け出したい8位・國學院大學の一戦。試合は開始早々に動く。2分、ペナルティーエリア内で東学大GKがファールしたことで國學大がペナルティーキックを獲得。これを麻生哲平が落ち着いて決め、國學大が早くも先制点を獲得する。早めに追いつきたい東学大も果敢に攻め込むが得点にはつながらず、1-0で前半を終える。勝利を確実にするため追加点が欲しい國學大だったが、東学大の好守に阻まれてゴールにはつながらない。一方、同点に追いつきたい東学大は後半序盤に4人の選手を次々と投入。流れを引き寄せようとするが、こちらも得点には至らない。両チーム決め手に欠いたまま試合は終了。國學大は2分のペナルティーキックで獲得した得点を守りきり6位に浮上。中位グループから一歩抜け出した。一方の東学大は、共栄大学が神奈川大学と引き分けたことにより、最下位に転落する結果となった。


共栄大学 1(0-1)1 神奈川大学 @共栄大学サッカーグラウンド


 自動降格圏脱出のため勝利を掴みたい12位・共栄大学と、2位・城西大学と勝点差1、3部リーグ優勝に向け1試合も負けられない首位・神奈川大学の対戦。序盤は両チーム惜しい場面がありながらも、得点には結びつかず拮抗した展開が続く。しかし27分、神大は左サイドで田中優也がボールを奪うと藤田仁朗に繋ぎ、最後は再度ボールを受けた田中が落ち着いて右足で流し込む。神大の1点リードで迎えた後半は、勝利を確実にしたい神大と早めに追いつきたい共栄大がせめぎあい一進一退の攻防に。しかしどちらも決定機を決めきれず、このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイムの90+1分、再びスコアが動いた。共栄大の石田哲也が左サイドを駆け上がりクロスボールを上げると、走り込んできた加藤慶八が頭で合わせてゴール。共栄大が土壇場で同点に追いついたところでタイムアップとなり、1-1で試合が終了した。神大は終了間際で勝点2を逃し、第3節以来堅持してきた首位を陥落。一方、共栄大は首位・神大から勝点1を奪い11位に。ついに自動降格圏から抜け出した。


明治学院大学 0(0-1)3 城西大学 @明治学院大学横浜キャンパスヘボンフィールド


 直近3試合で勝ちがなく都県リーグとの参入プレーオフを避けるためにも勝利が欲しい10位・明治学院大学と、勝点差1で首位・神奈川大学を追う2位・城西大学の一戦。試合が動いたのは前半終了間際の42分。城西大は石倉潤征の直接フリーキックをゴール前で吉川元輝がそらし、それを受けた佐藤遼が落ち着いて流し込んで先制。前半を0-1で終えた城西大は後半も優勢に試合を進め、68分には北条真智が左サイドから上げたクロスが、飛び出してきた相手ゴールキーパーに当たる。そのこぼれ球を、またもや佐藤が押し込んで追加点。なおも城西大の勢いは止まらず、後半終了間際の90分、斉藤涼優が左サイドを駆け上がり、自らドリブルでゴール前まで運び中へパス。最後は走り込んできた吉川が合わせ、試合を決定づける3点目を挙げる。試合は3-0で終了し、明学大は3連敗でプレーオフ出場圏内の10位から抜け出すことは叶わなかった。一方、首位の神奈川大学が共栄大学と引き分けたため、城西大はこの勝利でついに首位へと躍り出た。



 第3節以来首位を守ってきた神奈川大学だったが、最下位・共栄大学と引き分けたことで2位に陥落。勝点1差の2位・城西大学は、明治学院大学に0-3で勝利しついに首位を奪取した。3位・慶應義塾大学と4位・専修大学はそれぞれ勝点3を積み上げて自動昇格圏入りへ望みをつなげた。中位グループは依然として5位から9位が勝点差4の中にせめぎ合う大混戦に。明学大は勝利を逃し、参入プレーオフ出場圏内脱出とはならなかったが、9位・平成国際大学とは勝点差3と逆転可能なポジション。また、東京学芸大学は今節の敗戦で最下位に転落。しかし11位・共栄大との勝点差は1と、3部リーグは昇格争い、残留争いともに接戦で目が離せない状況だ。『JR東日本カップ2023 第97回関東大学サッカーリーグ戦』3部リーグ第20節は、11月4日(土)、11月5日(日)の2日間で開催される。
チケット情報
リーグ戦・各節レポート
プロ内定者一覧
はじめての大学サッカー
2024年度新入部員一覧
主将副将一覧
プログラム通販
スペースバー1
メディアの皆様へ
スカウトの皆様へ
スペースバー2
Instagram