TOP > ニュース一覧 > ニュース

【結果・まとめ】JR東日本カップ2023 第97回関東大学サッカーリーグ戦・2部第21節

2023/11/16


 『 JR東日本カップ2023 第97回関東大学サッカーリーグ戦』2部リーグ第21節は、11月12日(日)に全6試合が行われた。


2部リーグ第21節 全結果・順位表





駒澤大学 0(0-0)0 立教大学 @駒澤大学玉川キャンパス


 前節に1部リーグ昇格を決めた首位・駒澤大学はホーム最終戦に7位・立教大学を迎えて対戦。試合は立ち上がりから駒大が主導権を握る展開に。武器であるロングボールとロングスローを多用し、松本ケンチザンカを起点に立教大ゴールへ迫る。しかし、2部リーグ参入プレーオフを回避したい立教大も、守備を厚くしてこれに対応。嵯峨康太を中心に攻撃を組み立てることでチャンスをうかがう。だが両チームシュートまでが遠く、スコアレスで試合を折り返した。後半に入ると駒大がさらに攻勢を強める。前半以上にコーナーキックやロングスローでチャンスを作るが、どうしてもネットを揺らすことができない。意表をつくパスワークでゴール前までボールを運び、浅倉勇翔がシュートを放つが、これは立教大DFが気合いのブロック。その後もほとんどの時間で駒大が押し込む展開となったが、立教大はGK竹内槙吾を中心に最後まで集中を切らさず守り切り、スコアレスドローで試合終了。立教大は首位相手に貴重な勝ち点1を獲得したが、産業能率大学が勝利したため8位に後退。プレーオフ出場回避は最終節の結果次第となった。一方、2位・関東学院大学が敗れたため、駒大の1981年以来となる42年ぶりの2部リーグ優勝が決まった。リーグ序盤は結果が出ない時期もあったが「夏過ぎに4年生が中心に粘り強く守れるようになったし、ハードワークができるようになった」と駒大・秋田浩一監督。主将の小針宏太郎は「(1部リーグが)駒大のいるべきステージ。後輩のためにも、そのステージを取り戻すことができてよかった」とほっとした表情を見せた。




産業能率大学 4(3-1)1 関東学院大学 @産業能率大学第二グラウンド


 前節の勝利で3部リーグ降格圏を脱出した8位・産業能率大学と、1部リーグ昇格・2部リーグ優勝へ1勝も落とせない関東学院大学の一戦。産能大ペースで幕を開けたこの試合、11分には産能大・鈴木琉矢のスルーパスに松森堅誠が抜け出し、そのまま落ち着いて流し込み先制。続く13分には、エース・猪狩祐真が鮮やかなターンで相手を置き去りにし、ミドルシュートでゴールネットを揺らす。産能大があっという間に2-0とリードを広げたが、その後は関東大も立て直し、丁寧なパスワークでボールを保持。産能大ゴールへと迫る。30分には芦部晃生がドリブルでペナルティーエリアに侵入。グラウンダークロスを入れると、大外から入ってきた佐藤未来也が流し込んで1点を返す。しかし連勝中で勢いに乗る産能大は37分、またもや鈴木のスルーパスに今度は押川優希が抜け出す。ファーストタッチで相手GKをかわした押川は、無人のゴールへとシュートを流し込んで追加点。3-1と突き放し前半が終了する。後半に入ると優勝に向けて負けられない関東大が攻勢を強める。細かいパスワークで相手を剥がし産能大ゴールに迫るが、決定的なチャンスを作ることができない。すると70分、産能大は松山がゴール前に抜け出したところを倒されてペナルティーキックを獲得。これを猪狩が落ち着いて決めて4-1に。この試合2得点目となる猪狩は、このゴールで得点ランク単独トップをキープ。その後は3点ビハインドの関東大が終始ボールを保持するが、ネットを揺らすことなく試合終了。3連勝の産能順位をひとつ上げて7位に。2部リーグ残留に王手をかけた。一方、関東大が敗北したことにより2部リーグの優勝は駒澤大学に決定。関東大は優勝を逃すとともに、1部リーグ昇格決定も最終節にお預けとなった。


青山学院大学 2(1-3)5 立正大学 @青山学院大学緑ヶ丘グラウンド


 前節に2部参入プレーオフ出場が決定したもののプレーオフに弾みをつけたい青山学院大学と、1部参入プレーオフ進出には勝利が絶対条件の立正大学。どちらも譲れない一戦は、青学大が先手を取る。19分、青学大は細かいパスワークで相手DFを揺さぶると、クリアボールを拾った山内大空がそのまま押し込んで先制する。しかし立正大も3分後の22分、相手GKのパスを榊原杏太がカット。コントロールショットを冷静に決めて試合を振り出しに戻した。立正大の勢いは止まらず、33分に久永武蔵のゴールで逆転すると、前半アディショナルタイムにも再び久永がネットに揺らして1-3で試合を折り返した。後半も立正大ペースかと思われたが、序盤の55分、青学大は金子星太のクロスを山内が頭で合わせる。山内のこの日2点目となるゴールで青学大が1点差に迫るが、その後も立正大の猛攻は止まらない。80分には西田結平のドリブル突破から多田圭佑が合わせて5点目を挙げると、終了間際の90+1分にも交代出場の瀬川サーシャが期待に応える初ゴール。終わってみれば2-5と立正大が大勝を収めた。この結果、立正大は3位・山梨学院大学に勝点1差に迫り、1部参入プレーオフ進出に望みをつなげた。


山梨学院大学 0(0-0)0 順天堂大学 @山梨学院大学川田ツインサッカー場


 2位・関東学院大学とは4ポイント差。勝って1部リーグ自動昇格圏入りを狙う3位・山梨学院大学と、3部リーグプレーオフ回避のためにも勝点3が必要な9位・順天堂大学の一戦。開始早々にチャンスを掴んだのは山学大。石本勝悟のクロスに藤田夏寿丸がボレーで合わせゴールを狙うが、これは順大GK金田大和が2度にわたりボールを弾く。その後は順大がボールを握る時間帯が続くものの、山学大も一瀬大寿を中心としたディフェンス陣が決定的なチャンスを作らせない。両チーム大きなチャンスのないまま後半に突入。すると48分、順大は石川拓磨のコーナーキックから、最後は入江羚介がゴールを狙うが山学大GK高橋クリスがビッグセーブ。後半は山学大がボールを保持し、79分には岡澤韻生のアーリークロスに吉長由翔が合わせるものの、シュートは枠を捉えることができない。終了間際には順大が猛攻を仕掛け、後半だけで9本ものコーナーキックで山学大ゴールを脅かすが、得点には至らずスコアレスドローで試合終了。1部昇格、3部リーグ降格圏脱出を目指す両チームにとっては痛恨の引き分けとなった。


作新学院大学 0(0-5)7 日本体育大学 @作新学院大学サッカー部グラウンド


 3部リーグ降格は決定したものの、前節で勝利し勢いに乗る11位・作新学院大学は、1部参入プレーオフ圏内に望みをつなぎたい5位・日本体育大学と対戦。試合は序盤から日体大が主導権を握り、6分には吉崎太雅のグラウンダークロスを山田涼太が落ち着いて流し込み、日体大が先制する。日体大は16分にも、吉原翔太がバイタルエリアでボールを受けドリブルでゴール前へ。一度は相手にボールを奪われた吉原だが、最後は自ら奪い返し左足を振り抜いて追加点。日体大の勢いは止まらず、21分に吉原がこの試合2点目となるゴールを決めると、27分には宮木優一が相手の意表をつくショートコーナーからヘディングで合わせて4点目。さらに34分、吉原翔太がこの日3点目となるゴールを決めてハットトリックを達成。日体大は作新大に1本のシュートも打たせず、0-5と圧巻のゴールラッシュで前半を終えた。後半に入ると作新大も途中出場の杉山眞仁を中心に日体大ゴールへ迫るが、決定的なシュートを放つまでは至らない。対する日体大は60分、狩野奏人のゴールでさらに突き放すと、72分にも吉原翔太が本日4ゴール目を挙げて勝負あり。日体大は0-7の大量得点で圧勝。勝点を4位・立正大学と同じ35に伸ばし、3位・山梨学院大学とは勝点1差に。1部参入プレーオフ圏内へと望みをつなげた。


亜細亜大学 1(0-1)5 早稲田大学 @亜細亜大学日の出キャンパス多目的競技場


 3部リーグ降格が決定したものの最終節までには初白星を挙げたい12位・亜細亜大学と、1部参入プレーオフ進出に勝点3が必要な6位・早稲田大学の一戦。序盤は両チーム決定的なチャンスを作ることができなかったが、次第に早大がボールを握る時間が増え始める。対する亜大もしっかりとブロックを敷いてボールを跳ね返し、スコアレスでハーフタイムに突入すると思われた。しかし45分、早大はゴール前の混戦の中から東廉が押し込んで先制する。後半もペースを握ったのは早大だった。58分、GKヒル袈依廉からのフリーキックを駒沢直哉が頭で繋ぎ、最後は小松寛太がヘディングシュートを決めて追加点。その後も早大の勢いが止まることはなく67分、78分と立て続けに駒沢が2ゴールを決める活躍で亜大を大きく引き離す。さらに81分、コーナーキックのこぼれ球を安斎颯馬が押し込んで0-5に。なんとか1点を返したい亜大は、後半アディショナルタイムにコーナーキックから大澤郁輝が頭で合わせて1点を返すが、ここで試合終了。1-5で勝利した早大は、上位チームの結果次第という"他力“ではあるが、1部参入プレーオフ進出に望みをつなげた。一方、亜大のリーグ戦初勝利は最終節までお預けとなった。



 一方、2部リーグ残留争いでは、2部リーグ参入プレーオフ出場の残る1チームが、7位の産業能率大学、8位の立教大学、9位の順天堂大学の3チームに絞られた。今節勝利した産能大は引き分け以上で残留となり、かなり有利な状況。現実的には立教大と順大の一騎打ちとなるだろう。優勝は決まったが、1部昇格・参入プレーオフ進出、そして2部残留が決まるのは次節・最終節。最後に笑ってリーグを締めくくるのはどのチームになるのか。最終節は11月18日(土)に全6試合が行われる。
チケット情報
リーグ戦・各節レポート
プロ内定者一覧
はじめての大学サッカー
2024年度新入部員一覧
主将副将一覧
プログラム通販
スペースバー1
メディアの皆様へ
スカウトの皆様へ
スペースバー2
Instagram