TOP > ニュース一覧 > ニュース

JR東日本カップ2018 第92回関東大学サッカーリーグ戦・2部第10節マッチレポート

2018/07/13


 『JR東日本カップ2018第92回関東大学サッカーリーグ戦【前期】』2部リーグ第10節は、6月16日(土)に4試合、6月17日(日)に2試合行われた。


東京学芸大学 対 東海大学 @千葉県総合スポーツセンター東総運動場


 4戦負けなしと復調の兆しを見せる東京学芸大学(勝点11・8位)と、連勝して前期ラストマッチに向けた勢いをつけたい東海大学(勝点11・7位)の一戦。

 勝点11で並ぶ両者にとっては、中位争いから抜け出すために負けられない一戦となった。そのため、試合は膠着状態が続くもどかしい展開となった。東学大は前半からFWの7番・色摩雄貴の裏を狙い相手ゴールに迫るが、次第に単調な攻撃が目立つようになる。さらに東海大の前線からのハイプレスに苦戦し、なかなか得点につなげることができない。対する東海大は、運動量豊富なFW、8番・砂金大輝を中心に攻撃のリズムを作ろうとするが、ゴール前での東学大の堅い守備に阻まれ、こちらも1点が遠い。結局試合は動かず0-0で前半を折り返した。

 後半に入っても膠着状態は続いていたが、先に動いたのは東学大。66分に28番・荒川滉貴、8番・宮地裕二郎に代えて19番・杉木智大、13番・一木立一を投入する。一気に2選手を代えて得点を狙いにいく。少し遅れた70分には、東海大も25番・武井成豪に代えて11番・岡田侑也を投入。その後、互いに決定機を1本ずつ迎えるも、決めきることができず、タイムアップ。試合はスコアレスドローのまま終了した。両チームとも、選手からは不満げな表情が見られる不完全燃焼のゲーム。低調に終わった試合を払拭すべく、前期最後の試合に向け、よい準備をしたい。


中央大学 対 東京農業大学 @千葉県総合スポーツセンター東総運動場


 未だ無敗の中央大学(勝点23・1位)と、5試合勝ちのない東京農業大学(勝点5・11位)の一戦。

 対称的な状況にあるチーム同士の一戦は、開始早々から試合が動いた。まずは3分、中大の3番・渡辺剛がヘディングで9番・大橋祐紀にボールをつなぐと、9番・大橋はドリブルで相手DFを抜き去り、そのまま右足でシュート。これがゴールネットを揺らし、中大が先制する。その後は、この得点で勢いづいた中大が、東農大を攻め込む時間帯が多くなったが、東農大もこれ以上のゴールを許さず、1-0で前半が終了する。

 中大リードで始まった後半だったが、先にチャンスを作ったのは東農大だった。51分、19番・池田太成、16番・影森宇京とボールをつなぎ、ペナルティーエリアにクロスボールをあげると、14番・中野椋太が頭で合わせ同点弾。試合を振り出しに戻した。しかし中大は61分、5番・中村亮太朗のフリーキックを3番・渡辺が折り返し、最後は9番・大橋のオーバーヘッド弾が決まりで決め勝ち越しに成功。さらに中大は78分にも追加点を挙げる。9番・大橋のパスは、一旦東農大の選手にクリアされるも、19番・大久保智明がクリアボールを拾って右足でシュート。さらに90+3分には、相手選手のこぼれ球を拾った、5番・中村が9番・大橋へパス。9番・大橋はドリブルでゴール前まで運ぶと、そのままシュートを決め、勝負あり。9番・大橋のハットトリックを含む4ゴールで中大が快勝し、2連勝で首位をキープした。一方の東農大は、ついに最下位に陥落という厳しい条項に追い込まれた。


神奈川大学 対 関東学院大学 @立正大学熊谷キャンパスサッカー場


 前節までわずか1勝。最下位に沈む神奈川大学(勝点4・12位)と、連敗を阻止したい関東学院大学(勝点14・4位)の一戦。

 最初にチャンスを作ったのは神大だった。テンポの良いパス回しから36番・高橋響がシュート。その後も36番・高橋を起点にチャンスを作る神大だったが、関学大の集中した守備を前に得点に結びつけることができない。対する関学大は、神大に攻め込まれるシーンが多く決定機を作れず。結局、0-0のまま前半を終えた。

 試合は後半に動いた。立ち上がりから関学大のペースを握り、53分には、11番・石塚龍成が右足でシュートを放つと、それがゴール左隅に決まり、関学大が先制。しかし61分、神大は29番・久保田歩のフリーキックから9番・吉田蓮がヘディングシュートを決めて同点に追いつく。ともに追加点を狙う展開の中、70分には神大が5番・加藤大育のロングスローを9番・吉田が頭でそらし、これを今季初出場の38番・松浦駿平が頭で合わせ追加点。2-1で逆転に成功した神大が勝利を収め、ついに最下位を脱出。10位との勝点差は2と、降格圏からの脱出も射程圏内にとらえた。


青山学院大学 対 立正大学 @立正大学熊谷キャンパスサッカー場


 勝点3を積み上げ上位グループに定着したい青山学院大学(勝点13・6位)と、4試合未勝利の不調から脱したい立正大学(勝点14・5位)の一戦。

 前半の立ち上がりは立正大ペース。しかしシュートまでもちこめず、試合の主導権は次第に青学大へと移る。青学大は10番・小泉佳穂を中心にゲームを展開するが、アディショナルタイムに突入した45+2分、前半ラストプレーで試合が動いた。立正大の16番・近藤拓海が中央をドリブルで抜け出し、ミドルシュート。これを相手GKが弾いたところに9番・小川大智が詰め、左足でゴール右隅に流し込んで立正大が先制する。

 立正大はハーフタイムにエースの10番・関岡亮太を投入。追加点を狙うが、この10番・関岡が相手DFとの競り合いの中で頭から落下。病院へと搬送されたため、47分から試合が中断されることとなった。25分の中断時間を経て試合が再開すると、その直後の50分に立正大は8番・干川裕人のロングパスに16番・近藤が抜け出し、GKと1対1に。このシュートは青学大のGK、40番・大原悠太朗に弾かれるも、そのこぼれ球を11番・人見拓哉が流し込み、2点目挙げ、立正大が0-2とリードを広げる。青学大も、試合終盤に猛攻を仕掛けるが得点にはつながらず、0-2でタイムアップ。立正大が5試合ぶりの勝利を収めた。


慶應義塾大学 対 拓殖大学 @日立市民運動公園陸上競技場


 前節で快勝し、2連勝狙う慶應義塾大学(勝点9・9位)と、前節に今季初勝利を収め、こちらも2連勝を目指す拓殖大学(勝点8・10位)の一戦。

 両チームとも丁寧にパスを繋いでチャンスを探り、前半から深みのある攻防を繰り返した。どちらもセットプレーから決定機を作ることはできたが、得点まではつながらず、スコアレスドローで前半が終了。

 先に動いたのは拓大だった。拓大はハーフタイムに最初の交代カードを切り、29番・武藤真平に代わって7番・奥村晃司を投入。攻撃のテンポに変化を加えようと試みる。しかし後半開始直後の47分、慶大にビッグチャンスが訪れる。13番・山田盛央が、6番・増田皓夫からのパスをゴール前で受けて相手GKとの1対1に。これを冷静に決め、慶大が先制点を挙げる。その後も激しい攻防戦が続いたが、84分に拓大は途中交代で入った30番・浅野佳祐が起点となるサイド攻撃を展開。8番・岩出拓也のクロスを2番・青木義孝が決め、拓大が同点に追いつく。

 試合は振り出しに戻り、両チーム追加点を得るべく攻撃を仕掛けたが、結局ゴールネットを揺らすことなくタイムアップ。1-1のドローで勝点を分け合った。


日本体育大学 対 立教大学 @日立市民運動公園陸上競技場


 現在2連勝中、今節勝利すれば2位浮上の可能性もある日本体育大学(勝点18・3位)と、対称的に現在2連敗中で、悪い流れを断ち切りたい立教大学(勝点21・2位)の一戦。


 2位と3位の直接対決は、立教大のキックオフで試合がスタート。序盤にチャンスを得たのは立教大だった。13分に相手のファウルでペナルティーキックを獲得するが、ゴールならず。ビッグチャンスを逃した立教大だったが、21分には、細かいパス回しから抜け出した31番・長谷川佳輝がループシュートを決めて先制に成功する。だが、その直後の25分に、日体大にチャンスが訪れる。中盤で10番・里見直樹からのボールを受けた7番・関戸裕希が、ドリブルでゴール前まで突破。そのまま左足でのシュートを決め、試合は振り出しに戻った。その後は日体大ペースとなったが、前半も残り少なくなった40分に立教大が反撃。左サイドから32番・相原克哉の蹴ったフリーキックのこぼれ球を、4番・井浦智史が押し込んで勝ち越し弾。立教大が1点リードで前半を終了した。

 後半は、立教大が主導権を握り、9番・吉澤泰成にボールを集めて攻め込む。一方の日体大は、前半同様に8番・伊藤純也らを中心にボールを動かすも、なかなかシュートまで持ち込めない。日体大は25番・渡辺力樹や34番・大曽根広汰といった攻撃陣を投入するも、立教大の5番・井上瑠寧を中心とした集中した堅い守りを最後まで崩せず、そのまま試合終了。3試合ぶりに勝点3を得た立教大が、2位を死守すると同時に3位・日体大との勝点差を6に広げた。



 第10節では、中大が9番・大橋祐紀がハットトリックなどで安定した強さを見せ、無敗記録を更新。2位の立教大も日体大相手に3試合ぶりの勝利で、首位・中大との勝点差を2ポイントに詰める結果に。しかし順調な2チームに比べ、3位以降は混戦状態だ。前期も残すところあと1試合。後期に向けて勝点を積み上げ、秋のリーグ再開を迎えたい。

サポーターズクラブ

サポーターズクラブでは会員限定の情報を掲載しております。
会員登録は下の赤いバナーをクリックしてください

チケット情報
ダウンロードページ
これまでの歩み
過去の試合結果
マッチレポート
photo gallery
プロ内定者一覧
はじめての大学サッカー
2017年度新入部員一覧
プログラム通販
Instagram
facebook
関東大学サッカー連盟広報スタッフ 新人募集