TOP > ニュース一覧 > ニュース

JR東日本カップ2018 第92回関東大学サッカーリーグ戦・1部第13節マッチレポート

2018/09/28

 「JR東日本カップ2018 第92回関東大学サッカーリーグ戦【後期】」2部リーグ13節は、9月22日(土)に2試合、9月23日(日)に4試合が行われた。


駒澤大学 対 流通経済大学 @県立保土ヶ谷公園サッカー場


 前節は法政大学と1-1の引き分けた駒澤大学(勝点17・7位)と、桐蔭横浜大学とスコアレスドローに終わった流通経済大学(勝点17・8位)、ともに勝点3を狙うチーム同士の一戦。
 勝点の並ぶ7位・8位の直接対決。ともに負けられない一戦は、流経大が最初にペースを握った。近い距離感でボールを回して駒大の前線からの激しいプレスを剥がすと、サイドチェンジのパスでチャンスをつくる。すると14分、流経大は27番・満田誠が裏に抜けたところを駒大のGKに倒され、ペナルティーキックを獲得する。これを27番・満田自身が決めて先制する。このゴールを皮切りに、流経大のゴールラッシュがスタート。まずは22分、27番・満田が駒大ディフェンスを崩すと、オーバーラップしてきた右サイドバックの28番・伊藤敦樹がゴール前でパスを送る。これを8番・奥田陽太が確実に合わせ、流経大が追加点を挙げる。駒大も立ち上がりは何度かいい形を作るものの、決定機を決めきれず0-2で流経大がリードしたまま、試合を折り返す。
 後半も流経大の勢いは止まらない。後半開始早々の48分、34番・佐藤響がカウンターでゴール前まで攻め上がると、最後は23番・菊地泰智が決めて3点目。さらに67分には、途中出場の10番・新垣貴之が交代からわずか1分後に、右サイドからのカットインでファーサイドに流し込みダメ押しの4点目。試合はこのまま流経大が圧倒して終わるかと思われたが、ここから駒大が反撃を開始。75分、GKの1番・角井栄太郎からのロングキックを、途中出場の14番・坂本和雅が受けて強烈なミドルシュート。これがゴールネットを揺らし、駒大が1点を返す。駒大は84分にも、2番・須藤皓生の右サイドからのクロスを、途中出場の18番・矢崎一輝が合わせて2点目を挙げ、流経大との差を2点にまで縮める。「このまま3-4にされるかと思った」(中野雄二監督)と追い込まれた流経大だったが、駒大の反撃はここまで。駒大が2点目を挙げた直後、86分には流経大がゴール前の混戦を制し、10番・新垣が試合を決定づける5点目をマーク。2-5と激しいゴールの奪い合いとなった試合は、流経大が駒大の反撃を自らのゴールで抑え込んで勝利した。
 流経大はこの試合で1年生6人をスタメンで起用。中野監督は「決して奇策ではない」と強調。「今いちばんいい状態の選手を使ったら1年生が半分以上になった」とコメント。この試合では「大柄な選手が多く、前に前にくる駒大に対して、真逆なことをやろうとした」という。その結果、「グラウンダーでボールを動かせる、小さな選手が多くなった」が「結果的に、数少ない大柄な選手の役割がはっきりした」との効果もあったという。ただ、経験の差からか試合終盤にはバタバタし、駒大に得点を許すシーンも。U-21代表のGK・1番・オビパウエルオビンナさえもがベンチを温める状況に「アジア大会で試合から遠のいていたこともあって、コンディションが万全ではなかったから」と、チーム内での激しい競争があると説明し「次の試合で、このメンバーが出られる保証はない」とさらなる競争を示唆した。
 この勝利で流経大は、8位から6位に浮上。「リーグ戦の優勝を諦めているわけではないが、現実的には難しい数字」と中野監督。「昨年度インカレ優勝校ということもあり、まずはインカレ出場を現実的な目標としたい」という流経大にとって、インカレ出場圏内である6位浮上は大きな収穫。「楽な試合はひとつもない」という後期で、どれだけ巻き返すことができるか。



早稲田大学 対 桐蔭横浜大学 @県立保土ヶ谷公園サッカー場


 明治大学に1-6で大敗し、後期リーグを黒星でスタートした早稲田大学(勝点28・1位)と、前節はスコアレスドローに終わった桐蔭横浜大学(勝点14・9位)の一戦。
 試合は立ち上がりに桐蔭大が早大のゴールに攻め込む展開となった。9分には、8番・イサカゼインが上げたボールを、9番・滝沢昂司が押し込んで桐蔭大が先制。桐蔭大がゲームを支配する時間帯が続いたが、16分には早大にもチャンスが到来。10番・岡田優希がカウンターで相手ゴール前まで攻め込むと、桐蔭大のGK1番・児玉潤がボールを受けた9番・武田太一を倒し、早大がペナルティーキックを獲得する。これを9番・武田自身が落ち着いて決め、試合は振り出しに戻る。すると、ここから早大が徐々に流れをつかみ始める。33分、今季リーグ戦初出場の早大35番・秋葉遼太が左サイドを崩してクロスを上げると、こぼれ球を9番・武田が決めて早大が逆転に成功。さらに42分、早大9番・武田と10番・岡田のワンツーから桐蔭大の中央を崩して追加点。早大が3-1とリードを広げて前半を終える。
 同点に追いついたからは、圧倒的に早大ペースとなったこの試合。後半もこのまま早大が優位かと思われたが、桐蔭大も流れを変えるべくハーフタイムに選手を交代。主将で右サイドバックの3番・打越大樹をセンターバックに移動させると、本来は中盤の選手である22番・浅野嵩人を右サイドバックに投入。「3-1なので思い切り試そうと思った」(桐蔭大・安武亨監督)との起用が功を奏してか、桐蔭大はじりじりとラインを押上14番・菅原圭介にボールが集まり始める。190センチの長身FW、14番・菅原が高さを活かしたヘディングで早大ゴールを脅かす場面が増える中、64分には、桐蔭大の7番・山下優人がペナルティーエリア内で倒され、今度は桐蔭大がペナルティーキックを獲得。これを7番・山下自身が決めて桐蔭大が1点を返す。早大はカウンターから追加点を狙うが、パスがうまく繋がらず、なかなか相手陣内へ押し込むことができない。一方、桐蔭大は何度となくチャンスを作るも、早大のGK、1番・小島亨介の冷静なセービングによりゴールならず。しかし77分、左コーナーキックからのボールを14番・菅原が高い打点からヘディングでゴールに突き刺し、ついに桐蔭大が同点に追いつく。勝ち越し点を狙う両チームだったが、どちらも粘り強いディフェンスに阻まれ、追加点ならず。スコア3-3、シュート数も13対13とイーブンのドローで勝点1を分ける痛み分けに終わった。
 一時は2点差をつけながらも、追いつかれて後期初勝利を逃した早大。前節からメンバーを変更し「新しいバランス」で試合に臨んだという外池大亮監督は「今日のゲームで勝点1を取れたことが重要。残り9試合を戦うなかで、ここで勝点1を取れてよかったということになるだろう」と、まずは後期初の勝点獲得を評価した。「1番・小島もコンディションが戻ってきたし、11番・相馬も"らしさ"を出せた。あとは全体の完成度」と収穫と課題を挙げ「前期は前期。後期はまた別。今日が本当のスタートのつもりで」と次節に意気込んだ。
 一方、後半に追い上げて勝点1を得た桐蔭大の安武監督は「ウチらしい展開だった」と試合を振り返りながら「けれどこれまでは、ここで勝点1を取れず負けていた。チームとしての成長を感じた」とコメント。「(2点差をつけられた)ハーフタイムも選手たちの目は死んでいなかった」という状況の中で迎えた後半で、見事追いついた。しかし「まだ勝ちきれる力がない」ことも確か。それでも「前節より遥かに収穫の多い試合だった」とこの勝点1を前向きにとらえていた。




明治大学 対 国士舘大学 @味の素フィールド西が丘


 逆転優勝を狙い「後期リーグ11連勝」を目標に掲げる明治大学(勝点21・2位)と、前節は逆転で負けを喫し今節は何としてでも勝ちきりたい国士舘大学(勝点4・12位)の一戦。

 前半の立ち上がりは、24番・狩土名禅を中心に 展開した明大が試合の主導権を握る。しかし、ゴール前まで攻め込むものの国士大GK、1番・岩渕航平の活躍もあり、なかなか得点を奪えない。すると国士大も9番・信末悠汰を中心に反撃に出る。15分からは国士大がボールを支配する時間が増えたものの、シュートまでは至らず前半を0-0で終える。
 無得点に終わった前半から一転、得点がほしい状況になった後半は早い時間帯に試合が動いた。明大は48分、後半から出場の18番・小柏剛がフリーキックのこぼれ球を押し込んで先制点を挙げる。このゴールで勢いに乗った明大は61分、9番・村田航一のゴールで追加点。国士大も反撃に出たいところだったが、なかなかボールを繋ぐことができず、ゴール前まで攻め込めない。65分には、先制点をあげた18番・小柏のパスから24番・狩土名が左足でゴールを決め、明大が3-0とリードを広げ、試合はそのまま終了。明大が2連勝し、首位の早稲田大学に勝点差5にまで迫ることとなった。一方の国士大は、開幕から2連敗。1部残留圏内とは勝点差が10近く開く厳しい状況になり、2部降格が現実的となってきた。


法政大学 対 順天堂大学 @味の素フィールド西が丘

 前節、駒澤大学に引き分けて順位を下げた法政大学(勝点21・3位)と、上位に食い込むためにも勝点3が欲しい順天堂大学(勝点19・4位)の一戦。
 第12節時点で3位、4位の直接対決。開始直後は両校ともリズムが作れず攻めあぐねるが、11分に順大11番・旗手怜央が均衡を破る。自陣中央から左サイドバックの6番・石上輝が最前線の11番・旗手に縦パスを出す。相手ペナルティーエリアの角付近でパスを受けた旗手は前を向き、ドリブルで突破。フェイントを入れながら中へと切れ込むと、DFとGKの隙を突いて右足でシュート。順大が先制点を挙げ、優位に試合を進める。
 後半に入ると、法大は8番・紺野和也と20番・上田綺世を中心に攻撃を展開するが、順大のGK、1番・佐藤久弥のファインセーブによりゴールならず。結局、順大が先制点を守りきって1-0で勝利した。順大はこの勝利で勝点を22まで伸ばし、法大と順位が逆転。3位へと上昇した。


専修大学 対 東洋大学 @筑波大学第一サッカー場


 前節は無得点のまま敗れた専修大学(勝点19・5位)と、前節の敗戦で降格圏に転落した東洋大学(勝点12・11位)の一戦。
 前半は、東洋大が専大を押し込む展開となった。東洋大は11番・小林拓夢のポストプレーから、14番・野本幸太、7番・松崎快が果敢にシュートを放つなど、たびたび好機を演出。すると15分、11番・小林が上げたクロスにゴール前が混戦になると、すかさずボールに食いついた14番・野本が蹴りこみ、東洋大が先制する。しかし、ここからは試合の流れが一転し、追う立場となった専大が主導権を握る。専大は11番・中山克広がスピードにのったドリブルで東洋大のゴールに迫るも、得点には至らず前半が終了。
 専大はハーフタイムに13番・鈴木厚太を投入。前線を強化すると、両サイドバックの2番・古屋誠志郎と6番・小林岩魚が果敢に攻撃に参加。厚みのある攻撃で東洋大ゴールに迫るが、放ったシュートはクロスバーを直撃するなど、あと一歩のところでゴールに嫌われてしまう。東洋大は後半シュート0と防戦一方ながら、先制点を守って逃げ切るかと思われた90+2分、専大に待望の瞬間が訪れる。6番・小林が2番・古屋にサイドチェンジのパスを送ると、2番古屋は、ゴール前にクロスを上げる。それを18番・下田悠哉が頭で合わせ、ついに専大が同点に追いつく。試合はそのままタイムアップ。終了間際に専大が追いつき、引き分けで両校勝点1を分け合った。


筑波大学 対 東京国際大学 @筑波大学第一サッカー場


 白星スタートで後期の巻き返しをはかりたい筑波大学(勝点18・6位)と、前節の勝利で降格圏を脱出した東京国際大学(勝点13・10位)の一戦。
 前半の立ち上がりは、東国大ペースとなった。5分には東国大の6番・石田勇大がミドルシュートを放つが、これは筑波大のGK、30番・阿部航斗の好セーブに阻まれる。筑波大は、センターバックの5番・鈴木大誠を中心にチームの建て直しを図るが、東国大は10分、22番・菅野佑哉のフリーキックから3番・中村彰吾が頭で合わせ先制する。その後も東国大は6番・石田、15番・小林友也の両ボランチを中心に攻撃を組み立て、筑波大ゴールに攻め込む。一方の筑波大は、7番・三笘薫を中心に攻めるも、シュートまで持ち込めない。しかし、前半終了間際の45+1分に10番・西澤健太のクロスを7番・三笘が頭で合わせ、筑波大が同点に追いつく。 1-1で迎えた後半は、前半とは変わって筑波大が試合の主導権を握る展開となった。そんな中、61分に筑波大は7番・三笘がディフェンスを2人かわしてゴール前にパス。それを17番・渡邊陽が冷静に流し込み、筑波大が逆転に成功する。すると今度は、東国大がチャンスをつくる。75分、22番・菅野のコーナーキックを4番・小木曽佑太が頭で合わせて東国大が同点に追いつく。一進一退の攻防戦が続くなか、筑波大は80分にコーナーキックのチャンスを獲得。10番・西澤がファーサイドに蹴ったボールを、5番・鈴木がヘディングで叩き込み筑波大が再びリードを奪取。結局、3-2のスコアのまま筑波大が逃げ切り、筑波大は後期2連勝。勝点3を獲得し、4位へと浮上した。一方の東国大は先制するも痛い逆転負けを喫し、再び降格圏の11位に後退。次節は絶好調の明治大学が相手と厳しい状況ではあるが、勝点3を得て降格圏から抜け出したい。



 第14節は9月29日(土)に千葉県総合スポーツセンター東総運動場にて順天堂大学と駒澤大学、明治大学と東京国際大学が、龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールドにて、筑波大学と東洋大学、流通経済大学と国士舘大学が対戦。9月30日(日)にShonan BMW スタジアム平塚にて法政大学と桐蔭横浜大学、早稲田大学と専修大学の試合が行われる。

 2位から7位までの勝点差はわずか4。試合ごとに順位が変動する中、前期は首位を独走していた早大が後期は未勝利。勝点3を得られずに苦しんでいる。着々とその差を縮める2位・明治大学、3位・法政大学。昨年度王者の筑波大学も後期2連勝で4位に浮上するなど、どのチームが優勝してもおかしくない状況だ。その混戦を勝ち抜くため、さらにハイレベルな試合が期待される1部リーグ。次節も接戦を期待したい。

サポーターズクラブ

サポーターズクラブでは会員限定の情報を掲載しております。
会員登録は下の赤いバナーをクリックしてください

チケット情報
ダウンロードページ
これまでの歩み
過去の試合結果
マッチレポート
photo gallery
プロ内定者一覧
はじめての大学サッカー
2017年度新入部員一覧
プログラム通販
Instagram
facebook
関東大学サッカー連盟広報スタッフ 新人募集