TOP > ニュース一覧 > ニュース

JR東日本カップ2022 第96回関東大学サッカーリーグ戦・1部第3節マッチレポート

2022/05/23


 『JR東日本カップ2022 第96回関東大学サッカーリーグ戦【前期】』1部リーグ第3節は、5月18日(水)に延期分の1試合を行った。


流通経済大学 2-1 東洋大学


 5試合を終えて未だ勝利なし。そろそろ勝点3がほしい流通経済大学(勝点2・暫定11位)と、開幕こそ遅れたものの、ここまで4試合9得点と攻撃陣が好調の東洋大学(勝点9・暫定4位)の一戦。

 立ち上がりは流経大が主導権を握る展開となった。流経大は1年生FWの40番・清水蒼太朗が前線から激しくプレスをかけ、攻撃ではロングボールの競り合いや足元に収める技術で相手を圧倒。対する東洋大は試合経験豊富な4バックが安定した守備を披露。ボールを奪うと相手の一瞬の隙を突き、鋭い縦パスを前線に送ってチャンスを演出する。最初のチャンスは流経大。23分にゴールから遠い位置でフリーキックを獲得すると、5番・西原広太がロングボールを前線に入れる。この折り返しを10番・齊藤聖七、そしてこぼれ球を24番・鈴木奎吾と連続でシュートを放つが、東洋大GK1番・川上康平の好セーブに阻まれ得点には至らない。すると流れは次第に東洋大に傾き始める。39分には、5番・押久保汐音が前線にスルーパス。これに反応した20番・石井宏育が左足でシュートを放つが、流経大の新守護神、GK31番・彼島優に止められてしまう。その後も両チームともにチャンスは作るものの決められず、0-0のまま試合を折り返した。

 後半、一進一退の展開が続く中、東洋大が積極的な選手交代で流れを掴む。そして73分にFWの11番・佐々木銀士を投入すると、直後の75分に試合が動く。8番・高柳郁弥の右サイドからのコーナーキックを、交代したばかりの11番・佐々木がヘディングでゴール左隅に流し込み東洋大が先制点。何としても追い付きたい流経大は80分以降に4選手を次々とピッチに送り出す。一気に攻勢に出ると87分、5番・西原のクロスを14番・熊澤和希がヘディングで折り返して40番・清水が落とし、最後は途中出場の20番・川畑優翔が右足で押し込んで同点とする。この得点で勢いづいた流経大は、さらなる猛攻を仕掛ける。アディショナルタイムに突入しても流経大の攻撃はやまず、90+4分に自陣深くでボールを奪うと一気にカウンターで前線へ。途中出場の27番・松永颯汰が左サイドから逆サイドめがけて大きなクロスボールを上げると、右サイドバックの、こちらも途中出場の39番・光廣健利が落ち着いて中に折り返す。ここに待っていたのは、またしても20番・川畑。そのまま右足を振り抜き、シュートをゴールに突き刺さした。流経大が最後の最後で逆転に成功し、すぐさま試合終了のホイッスル。

 一瞬たりとも目を離せない熱戦となった試合は、2-1で流経大に軍配が上がった。試合終盤の激闘を制した流経大は、待望の今季初勝利を挙げた。対する東洋大は上位進出に向けて痛い敗戦となった。




 『JR東日本カップ2022 第96回関東大学サッカーリーグ戦【前期】』1部リーグ第3節は、4月9日(土)に2試合、4月10日(日)に2試合行われた。


早稲田大学 0-2 国士舘大学 @県立保土ケ谷公園サッカー場


 開幕戦を引き分け、今季初勝利を狙う早稲田大学(勝点1・暫定6位)と、黒星スタートとなりこちらも初勝利を目指す国士舘大学(勝点0・暫定12位)の一戦。

 試合は序盤から拮抗した展開が続いた。そんな中、最初にチャンスを作ったのは早大。14分、早大は8番・山下雄大の正確なロングボールに17番・駒沢直哉が抜け出すが、国士大もGK1番・飯田雅浩が好判断でクリア、チャンスを防ぐ。その後も、早大は8番・山下、10番・植村洋斗を中心としたボール回しで、国士大ゴールへと迫る。40分には、6番・平松柚佑のロングボールに17番・駒沢が抜け出すと、相手ディフェンダーをかわしてシュート。しかしこれは枠を外れ、早大はチャンスを作りながらも決め切ることができず、スコアレスで試合を折り返した。

 後半は前半から一転、国士大が試合の主導権を握った。国士大は右サイドバックの3番・望月海輝の積極的な攻撃参加などで、サイドからチャンスを作る。すると66分、国士大はその3番・望月からの低いクロスに、9番・高橋尚紀が右足で合わせてゴール。国士大に待望の先制点が生まれる。その後、早大も反撃に出るが、国士大の前線からのハイプレスに苦しみ、なかなかチャンスを作ることができない。国士大の1点リードで迎えた試合終盤の84分、国士大は8番・東條敦輝が中盤でボールを奪いスルーパス。これに抜け出した、途中出場27番・東川続がキーパーの位置をしっかりと見ながら冷静に決め切って追加点を挙げる。国士大はそのまま危なげないプレーで2点を守りきって試合は終了。

 2得点を挙げた国士大が、今季リーグ戦初勝利で勝点3を掴み取った。対する早大は開幕から2試合を終えて未だ得点0。攻撃面での課題が浮き彫りとなる形となった。




順天堂大学 0-2 桐蔭横浜大学 @県立保土ケ谷公園サッカー場


 前節は明治大学に惜敗し、連敗は避けたい順天堂大学(勝点3・暫定4位)と、前節は23本のシュートを放ちながらもスコアレスドローとなった桐蔭横浜大学(勝点4・暫定2位)の一戦。

 試合は序盤から動いた。8分、順大のディフェンスラインでのパス交換を、桐蔭大の10番・水野颯太が前線からの激しいプレスで奪ってペナルティーエリア内まで侵入。GKとの一対一を制して、桐蔭大が先制する。対する順大は、相手ゴール前までボールを運ぶことに苦戦し、なかなかチャンスを掴むことができない。そのまま桐蔭大1点リードで試合を折り返した。

 後半、流れを変えたい順大は前半41分の交代も含め、後半開始時までに2番・後藤裕二、9番・岩井琢朗、6番・安島樹の3選手を立て続けに投入する。すると56分、中盤でボールを繋ぐと、2番・後藤からボールを受けた7番・桂陸人がドリブルで相手のマークを外し、ミドルシュートを放つ。だが、これは惜しくもゴール右上に外れてしまう。桐蔭大も途中出場の18番・遠藤貴成が果敢にシュートを放つが、なかなか追加点を挙げることができない。それでも78分、桐蔭大は30番・鍋田純志が意表をついたロングパス。これに抜け出した9番・山田新がGKをかわして冷静にゴールへと流し込む。試合は0-2で終了し、終始チャンスを生み出した桐蔭大が勝利を収めた。

 前節はスコアレスドローに終わった桐蔭大だが、2勝目を挙げて2位をキープ。3試合を終えて失点ゼロと攻守両面の好調さが光る。一方の順大は、開幕戦こそ制したもののこれで2連敗。順位を4位から6位に落とした。




明治大学 2-0 拓殖大学 @AGFフィールド


 前節に初勝利を挙げ、ここから巻き返しを見せたい明治大学(勝点3・暫定5位)と、ここまで無敗と開幕から良いスタートが切れている拓殖大学(勝点4・暫定3位)の一戦。

 前半の拓大は、明大の堅い守備を前に苦戦。ボールを保持しながらもゴールに向かうのが難しく、いわゆる“ボールを持たされる”状況に。すると33分、明大はGK21番・上林豪のロングフィードに、2番・福田心之助が反応。ボールを受けるとそのままドリブルで運び、バイタルエリアに侵入する。そしてパスを受けた7番・田中克幸が左足を振り抜き、ゴール右隅へと流し込んで明大が先制する。明大はその後も堅固な守りでゴールを守り、1-0の明大のリードで試合を折り返す。

 反撃したい拓大だったが、後半早々に追加点を許す厳しい展開に。49分、明大は14番・熊取谷一星の入れたロングボールに、20番・太田龍之介が走り込む。20番・大田は拓大DFと接触しながらもルーズボールに競り勝ち、GKの頭を越す技ありのループシュートで追加点を挙げる。追いつきたい拓大はエースの10番・日野翔太、29番・下口竜空らを中心にゴールを目指すが、明大の堅い守備陣を破ることができず試合が終了。2-0で明大が手堅い勝利を収めた。

 明大はこれで2連勝となり、順位も3位に浮上。首位・東京国際大学を1ゲーム差に捉えた。一方、拓大は初黒星を喫し、4位に後退する結果に。それでも上位とは僅差で、まだまだ逆襲の機会はありそうだ。




駒澤大学 1-4 東京国際大学 @AGFフィールド


 開幕からの戦績は1敗1分。今節こそ初白星を狙う駒澤大学(勝点1・暫定7位)と、複数得点で開幕から2連勝と勢いに乗る東京国際大学(勝点6・暫定1位)の一戦。

 前後半で主導権が逆転した試合は、現在のチーム状況を反映するかのような結果となった。前半は駒大が力強い攻撃を見せ、東国大ゴールに迫る展開に。42分には、ルーキー33番・小林栞太のロングスローでチャンスを演出。そのこぼれ球を拾った25番・欠畑魁星がミドルシュートを放つが、東国大のGK21番・林祥太郎がこれをストップ。さらにこぼれたボールを8番・小島心都が詰めるものの、東国大の堅い守備に阻まれゴールにはつながらない。前半はシュートを8本も放った駒大だったが、スコアは動かず0-0で前半を終えた。

 後半は一転、東国大が反撃に出る展開となった。56分、東国大は相手クリアボールを拾った7番・森大輝がドリブル1人を抜くと、ペナルティーアーク付近にいた9番・佐川洸介にパスを出す。9番・佐川もキレのある切り返しで駒大DFをかわして右足を振り抜く。これが決まり、東国大が先制する。ここから東国大が一気呵成に攻勢に出た。69分、8番・重野祥輝のロングボールに11番・師岡柊生が反応。ドリブルでバイタルエリアに侵入するやミドルシュートをゴール右隅に決めて追加点。さらに75分、6番・熊坂光希を起点に駒大DFを崩すと、11番・師岡の鮮やかなラストパスに、3人目の動きで走り込んできた6番・熊坂がゴールに流し込んで3点目。0-3と駒大を突き放す。85分にも途中出場の23番・平田晟也が倒されてペナルティーキックを獲得。これを23番・平田自身が冷静に決めてダメ押しの4点目を挙げる。このままでは終われない駒大は88分、2番・塚原舜介のコーナーキックに、9番・本吉利安が押し込んで1点を返すが、反撃もここまで。ほどなくしてタイムアップの笛が鳴り、東国大が1-4で3連勝を飾った。

 シュート数はともに9本。前半は駒大が8本で東国大が1本、後半は逆に東国大が8本で駒大が1本と、対称的な前後半。しかし終わってみれば1-4と大差がつく結果となった。東国大はこれで開幕からの連勝を3に伸ばし、すべての試合で3ゴール以上をマーク。唯一の3勝チームとして首位をキープするだけではなく、得点数を11と二桁に乗せるなど好調さを見せる。一方、昨季インカレ王者の駒大は今節も初勝利ならず、苦しい試合が続いている。





 次節の第4節は4月16日(土)に6試合が行われる。流通経済大学龍ケ崎フィールドでは11:00から駒澤大学と東洋大学が、14:00からは流通経済大学と東京国際大学が対戦する。フクダ電子アリーナでは11:00から明治大学と桐蔭横浜大学、14:00から法政大学と順天堂大学が激突。ひたちなか市総合運動公園陸上競技場では11:00から早稲田大学と拓殖大学、14:00から筑波大学と国士舘大学の試合が行われる。

 今季、関東2部リーグから昇格した東国大が開幕からの3連勝で1位を堅持。3試合とも3点以上をもぎとるなど、破竹の勢いで今季リーグを戦の話題をさらっている。また昨季2位の明大は開幕戦こそ落としたものの、その後2連勝で3位に。この勢いに乗りたいところだ。国士大は待望の今季初勝利を挙げて5位に浮上。一方、早大は2試合続けて無得点に終わり、6位から8位に後退するなど低迷を余儀なくされている。

 開幕戦から延期試合が続いていた1部リーグが、今週末に行われる第4節ではようやく全大学揃って試合が開催される見込みだ。ついに開幕を迎える法大、東洋大の初戦はいかに――。第4節に注目してほしい。

チケット情報
ダウンロードページ
マッチレポート
プロ内定者一覧
はじめての大学サッカー
2020年度新入部員一覧
主将副将一覧
プログラム通販
スペースバー1
会場上限数
試合ご来場の皆様へ
スカウトの皆様へ
メディアの皆様へ
コロナウイルス感染したら
スペースバー2
Instagram