TOP > ニュース一覧 > ニュース

JR東日本カップ2016第90回関東大学サッカーリーグ戦・2部第7節レポート

2016/05/18
 「JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦【前期】」2部リーグ第7節は、5月14日(土)に1試合、15日(日)に5試合が行われた。


○2連勝中で波にのる東海大学(勝点8・7位)と、いまだ勝点0で苦しみ、なんとしてでも勝点の欲しい明治学院大学(勝点0・12位)の一戦。

 試合は2連勝中で、勢いのある東海大が立ち上がりから明学大を押し込んでいった。ラインを下げ、慎重な展開でいこうとする明学大イレブンに対し、東海大は6番・小野能寛などサイドを起点に攻撃を仕掛ける。前半16分、3番・榎戸皓平が6番・小野のクロスを胸でトラップし、そのままシュート。これがゴールマウスへ吸い込まれ、東海大が明海大から先制点を奪う。さらにそのわずか4分後の前半20分には、24番・矢萩万裕のロングスローからチャンスを作り、11番・諸星匠がヘディングシュートで追加点をあげるなど、前半は東海大が終始攻め込む形で終了。
 これ以上の失点は許したくない明学大だったが、後半開始早々の49分にはまたしても失点。東海大のサイド攻撃から25番・成瀬佑太が、明学大を突き放す3点目を決める。反撃したい明学大は素早いボール回しから東海大ゴールに迫る。後半から交代で入った9番・行武大希が積極的にシュートを打つものの、なかなかゴールネットは揺らすころができない。逆に試合終了間際の後半88分、東海大は30番・山内健史が相手DFのこぼれたまを押し込んでダメ押しとなる4点目を奪い、試合は4-0で終了。これで3連勝となった東海大が順位を6位へと上げた一方、明学大の勝点奪取はまたも次節へお預けとなった。


○現在唯一の負けなしチームとして3連勝を狙う東京国際大学(勝点14・3位)と、前節で敗戦を喫し、ここで流れを取り戻したい東京農業大学(勝点15・2位)との一戦。

 第6節終了時で2位と3位の上位校同士の対決となった。前半のペースを握ったのは東国大。幾度となくサイドからチャンスを演出するも、なかなか決めきることができない。対する東農大も10番・岡庭裕貴のミドルシュートで東国大ゴールを脅かす。互いに激しい攻防を繰り広げるも、両チーム無得点のまま前半が終了。
 後半も流れは東国大にあった。54分、東国大28番・辻川裕介はボールを持つと左サイドを駆け上がり、ゴール前に低めのクロスを入れる。そこに13番・浅利航大が右足のアウトサイドにあててゴールへ流し込み、東国大が先制点を挙げる。流れを変えたい東農大は72分に17番・近藤康人に変えて13番・糸川颯を投入するも、依然としてゲームの主導権を握るのは東国大。74分、13番・浅利からの縦パスを10番・安東輝が右足で冷静に流し込み追加点。79分には、またしても10番・安東と13番・浅利のコンビネーションから10番・安東が右足で豪快にゴールネットを揺らし3-0とする。試合終了間際、追いつきたい東農大が猛攻を仕掛け、幾度となくコーナーキックのチャンスと得るが東国大の守備陣が必死のディフェンスで跳ね返し、そのまま試合が終了した。
 この結果、3連勝となった東国大が今季初の首位に立った。一方開幕から5連勝と波に乗っていた東農大だったが、前節の敗戦を断ち切ることができず、上位を争うには痛い連敗となった。


○前節、再び首位を奪還して勢いに乗っている神奈川大学(15・1位)と、連敗は避けたい関東学院大学(勝点7・8位)との一戦。

 共に神奈川県に所属するチームでもあり、"神奈川ダービー"となったこの試合は、双方に気迫の溢れるプレーが多くみられた。前半は関学大が果敢に攻めるワンサイドゲームを展開。神大は相手のペースに合わせるばかりで、なかなか前にボールを進めることができない。後ろからのロングパスに、裏へ抜け出した関学大29番・今村優介がシュートを打つも、神大のGK21番・中村圭吾が片足で防ぐビッグセーブを見せ、得点を与えない。0-0で前半を折り返した。
 後半の主導権を握ったのは神大だった。63分、現在得点ランキングトップタイの26番・吉田蓮がクロスに頭で合わせるもクロスバーを叩くなど、幾度となく決定機を作るも、決めきれることができない。神大は73分には26番・吉田に代えて24番・定本佳樹、77分には15番・橋本拓也に代えて36番・秋山駿介といったフレッシュな前線の選手を立て続けに投入、得点の機会を狙う。対する関学大も、7番・亀井大地がチャンスメイクをするものの上手く噛み合わず、両者ともに得点を奪うことができない。試合はそのまま0-0で終了、同会場の第一試合で行われた東京国際大学と東京農業大学の試合に東国大が勝利したことにより、神大は首位の座を明け渡す結果となった。関学大は順位こそ変わらないものの、上位グループと勝点差が広がり始めているだけに、次節こそ勝点3を獲得したいところだ。


○2連勝中と着実に順位を上げている中央大学(勝点11・4位)と、勝って上位陣にくらいつきたい青山学院大学(勝点10・5位)の一戦。

 両校同時集中応援となったこの一戦は、試合前から熱の入った雰囲気を醸し出していた前半は中大のペース。3分には1番・置田竣也のGKを19番・矢島輝一が収めてゴールネットを揺らして先制。続く7分にも、同じく19番・矢島がコーナーキックからこぼれ玉を押し込み、2得点の活躍を見せる。さらに12分には中大10番・古橋匠梧がペナルティエリア内で相手DFからボールを奪ってゴールを決め、立ち上がりからわずか12分で3点を奪う展開に。中大は守備面でも4番・渡辺剛や25番・上島拓巳らを中心に、前半は失点0で抑え込み、3-0で前半を折り返す。
 そのまま後半も試合を運びたい中大だったが、後半の49分には青学大4番・中島康輔がコーナーキックからヘディングゴールを決めて3-1に。両者シュートを打ちあいながら、拮抗した試合展開を見せていた83分、素早いパス回しから青学大9番・窪園大地がゴール隅に流し込む。青学大は猛攻を仕掛け、あと一点差まで詰め寄るが、惜しくも勝利はならず。前半のリードを守りきった中大が3連勝と波に乗り、4位ながらも首位との勝点差を縮め射程圏内にとらえてきた。1年での1部復帰を目指して今後の躍進が期待できそうだ。対称的に順位を7位まで下げてしまったのが青学大。一時は首位に立っていたがこれでまさかの3連敗。そろそろ浮上のキッカケがほしい。


○前節は勝点1を挙げたものの、3節以来の勝利が欲しい東京学芸大学(勝点8・7位)と、前節でようやく勝点1を獲得し、今節で初勝利を挙げたい拓殖大学(勝点1・11位)の一戦。

 前節、終了間際のゴールで追いつき勝点を獲得した両チーム。下位に低迷している両チームの試合は、15分に東学大が先制する。今季初めて右サイドハーフで先発起用された東学大30番・色摩雄貴のコーナーキックを、チームの大黒柱である10番・平田惇がヘディングで押し込んでのゴールだった。一方、拓大は25分に相手DFがペナルティエリア内でハンドを犯しPKを獲得。このチャンスに拓大10番・池田直樹がシュートを放つが、これは東学大のGK、1番・木村真がファインセーブでチームのピンチを救う。拓大はこの後、シュートを1本も打てない苦しい展開で前半を終了。
 後半に入ると拓大は16番・深尾春輝にかえて35番・柴田隼人を投入。この交代が功を奏し、拓大が徐々にペースを掴み始める。52分、拓大は35番・柴田のクロスかに4番・穂積諒が頭で合わせて同点に追い付く。さらにその2分後の54分には、コーナーキックのこぼれ球を31番・西山大輝が押し込み、2-1と逆転に成功する。その後は、東学大も拓大ゴールに迫るもチャンスを活かせず、そのまま試合終了。拓大は今季初勝利で勝点3を獲得、一方で敗れた東学大は4試合勝ち無しと苦しい状況となった。


○そろそろ勝利を掴んで調子を上げていきたい東洋大学(勝点8・6位)と、前節で逃した勝点3を今節でモノにしたい朝鮮大学校(勝点7・9位)との一戦。

 試合は開始から東洋大が主導権を握る展開となった。9番・坂元達裕と7番・田中舟汰郎を中心にサイドから力のある攻撃を仕掛ける東洋大は、終始相手を圧倒。迎えた37分、東洋大は17番・勝野瑛のパスを右サイドから受けた9番・坂元がドリブルで持ち上がりそのままシュート。これがゴールネットをゆらし、東洋大が先制に成功する。前半は、東洋大がこの1点を守り切って終了。
 後半には入ってから反撃に転じた朝鮮大だったが、フィニッシュのところでうまくかみ合わずに、決め切れないプレーが続く。それでも、気持ちを前面に押し出したプレーで攻め込むが、拓大の集中力の高い守備を崩すことはできなかった。結局、そのままスコアはうごかずに試合終了。東洋大は勝点3を獲得し5位へと上昇。連敗を喫した朝鮮大は、順位こそ変わらないものの上位グループと勝点差を空けられる厳しい状況となった。


 次節、第8節は、5月21日(土)に、東京国際大学坂戸キャンパス第一サッカー場にて、中央大学と東京農業大学、東洋大学と東京国際大学が対戦。22日(日)に、横須賀リーフスタジアムにて、青山学院大学と朝鮮大学校、関東学院大学と拓殖大学が、東海大学湘南校舎サッカー場にて、東京学芸大学と東海大学、神奈川大学と明治学院大学が対戦する。
 首位から4位まで全て勝点差1で展開する2部リーグ。前期残り4節での首位攻防戦はさらに激化の一途をたどりそうだ。

サポーターズクラブ

サポーターズクラブでは会員限定の情報を掲載しております。
会員登録は下の赤いバナーをクリックしてください

チケット情報
ダウンロードページ
これまでの歩み
過去の試合結果
JUFA GIRL
試合映像配信予定
マッチレポート
photo gallery
プロ内定者一覧
はじめての大学サッカー
2017年度新入部員一覧
プログラム通販
Instagram
LINE
facebook