TOP > ニュース一覧 > ニュース

「アミノバイタル®」カップ2017 第6回関東大学サッカートーナメント 準決勝戦マッチレポート

2017/07/24
 7月8日(土)に『「アミノバイタル?」カップ2017 第6回関東大学サッカートーナメント大会≪兼総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント関東予選≫』の準決勝が味の素フィールド西が丘、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場でそれぞれ行われた。



〇ともにベスト4までは経験済み。2年ぶりの決勝進出を目指す筑波大学と、初の決勝進出を狙う法政大学の一戦。

 前半のシュート数は筑波大が10に対して法大は2。試合は圧倒的な筑波大ペースで進んだ。筑波大は25番・西澤健太が開始9分のミドルシュートを皮切りに、次々とシュートを放ち法大ゴールを脅かす。しかし11分の11番・中野誠也がフリーの状態で抜け出して放ったシュートはポストを叩き、37分の25番・西澤のフリーキックもバーを直撃するなど、筑波大のチャンスはことごとくバーやポストに阻まれてしまう。結局、筑波大は多くのチャンスをつくりながらもゴールまではいたらず、0-0で試合を折り返す。
 前半は押されっぱなしの法大だったが、後半は筑波大の攻撃をケア。一進一退の攻防を繰り広げる。法大は63分、18番・松澤彰に代わり20番・上田綺世を投入。リーグ戦でも結果を出しているルーキーがチャンスをつくり、2本シュートを放つもゴールならず。73分には16番・渡辺淳揮のフリーキックに長身の3番・前谷崇博が合わせるという法大お得意の得点チャンスが訪れるが、3番・前谷のヘディングシュートはわずかに枠外へ。そんな中、試合が動いたのは76分だった。筑波大は8番・戸嶋祥郎が左サイドからパスを送ると、それを受けた11番・中野誠也が体を張ったプレーでボールをキープ。そこから出たボールを9番・三笘薫が冷静にコントロールすると「相手の股を開かせて抜くことだけを意識していた」という狙いどおりのゴールで、ついに法大のゴールをこじあける。法大は終盤、センターバックの3番・前谷を前線にあげパワープレーにでるも、ゴールにはつながらない。結局、9番・三笘のゴールが決勝点となり1-0で筑波大が勝利を収めた。
 この勝利で優勝へ王手をかけた筑波大は2年ぶりの決勝戦に進出。一方、敗れた法大は3位決定戦に挑むこととなった。
 勝った筑波大の小井土正亮監督だが「法大はこのところずっと同じメンバーできていたので」と、今日の法大のスタメンが予想外だった様子。だからというわけではないだろうが「決めきることができずに苦しんだ」とこの試合を振り返った。筑波大は本大会前後に天皇杯もあり、他大学より連戦を続けている。そのためターンオーバー制を敷いているが「この大会で鍛えられたし、サブにも力がある選手がいるのが強み。彼らにとってこの大会がいいきっかけになっている」という。決勝点を決めた9番・三笘も「連戦になって、誰が出ても同じ力を出せるのが自分たちの強み。今年はチームの中で勝ちパターンができている」とコメント。ここまで全試合出場のセンターバック・5番・鈴木大誠も「この大会ではいかに自分たち(ディフェンダーの)仕事を簡略化できるかがキモ」と体力的な厳しさを認めながらも「誰が出ても同じ力を出せて、初めてチーム力があるといえると思う。だからこそ明日はチームの統率力で勝ちたい」と、最後の一戦に意気込んだ。


◯ともに勝てば初の決勝進出となる。2部ながらもストレートで総理大臣杯出場を決めた神奈川大学と、昨年度総理大臣杯準優勝校、順天堂大学の一戦。

 神大は3回戦から11人中10人代えて、翌日の試合を見越したメンバーで試合に臨んだ。そんな神大に対し、順大は序盤から1部チームの強さを見せつける。まずは12分、順大は2番・柳澤亘が中央へ浮き球を送るが、これは相手選手がクリア。しかし、セカンドボールを拾った11番・旗手怜央がドリブルでゴール前まで持ち込み、左足で強烈な先制点を放つ。さらに20分には左サイドの10番・米田隼也から11番・旗手へとパスを繋ぎ、最後は中央にいた3番・原田鉄平が左足で突き刺し追加点を挙げる。その2分後の22分にもまたゴール。10番・米田が左から上げたクロスボールを13番・浮田健誠が拾ってつなぐと、中央にいた3番・原田が左足でシュートを放つ。試合開始からわずか22分で、順大が3点を挙げリードを広げる。しかし順大の攻撃はまだまだ止まらない。30分にはセンターバックの23番・三国スティビアエブスがサイドチェンジのクロスを右サイドの3番・原田に送ると、これをグラウンダーのパスでゴール前中央の11番・旗手へ。11番・旗手がこの日2点目となるシュートを右足で決め、スコアは0-4に。35分には10番・米田から11番・旗手へと繋ぎ、最後は3番・原田が右足で決めて3番・原田がハットトリックを達成。0-5と順大が大量リードで試合を折り返すこととなった。
 0-5と大きくリードを広げられた神大は、ハーフタイムにメンバー3人を一気に代えて試合の流れを変えようとする。対する順大もGKの40番・佐藤久弥も含めた4選手を一気に交代。大量リードの余裕から、明日の試合に備えた選手の"温存"をはかる。
 しかし後半も状況は変わらず、依然順大が試合の主導権を握る展開となった。それでもカウンターからゴールを狙っていた神大は58分、相手のファウルからペナルティーキックを獲得。キッカーの26番・桜井敬正が右足で決め、1点返すが反撃はここまで。順大の攻撃は緩むことなく65分にはハットトリックを決めた3番・原田が起点となり、19番・津島孝至からのパスを受けた10番・米田が右足で決め、6点目。神大はなすすべなく、試合終了。1-6という大量得点で順大が勝利した。
 3番・原田のハットトリックに加え、11番・旗手が2ゴール1アシストの活躍を見せるなど、1部の意地を見せつけ、初の決勝進出を果たした順大。対戦相手は、関東リーグでも首位を争う筑波大。今季リーグ戦では2-2と引き分けているだけに、今度こそ決着をつけたい。一方、大敗を喫した神大は1部の法大と3位決定戦を戦う。大量失点のショックを1日でどこまで払拭できるかが鍵となるだろう。



 7月9日(日)に味の素フィールド西が丘で行われる決勝戦は筑波大学対順天堂大学、決勝戦前に行われる3位決定戦では法政大学対神奈川大学が対戦することとなった。7月1日から、猛暑の中続けられた本大会も、残りは2試合のみ。はたして関東の夏の王者となるのはどのチームとなるのか。

サポーターズクラブ

サポーターズクラブでは会員限定の情報を掲載しております。
会員登録は下の赤いバナーをクリックしてください

チケット情報
ダウンロードページ
これまでの歩み
過去の試合結果
JUFA GIRL
マッチレポート
photo gallery
プロ内定者一覧
2017年度新入部員一覧
プログラム通販
facebook
ニコ生サッカーキングハーフタイム